何となく思いついた言葉達を綴る場所。 そんな場所が欲しかった。 たったそれだけ。 それが始まり・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
晴れの日の雨。
晴れた日に見つけた
君の泣き顔

空はこんなにも 青く 青く 晴れているのに
見つけた君は 暗く 暗く 雨を降らしてた

だから駄目なの?
僕たちは・・・
違いすぎる天気の中を
過ごしていたんだね

少しは君が
僕にしてくれたように
何かを残せたかな?

今になって思うよ
あの日は雨だった
青く 青く 晴れた 雨の日だった
声。
ごめんね
傷付けたかったワケじゃないんだ

水面に浮かんで
太陽背に
つぶやく弱い声

君に近づきたかった
ただそれだけ

ごめんね
もうソコには逝けない

罰を与えて
二度と君に近づかないように
君の涕に償いを

弱々しい声だけが
せめてもの慈悲

君まで届かない声
己の罪を確認する為の戒め

全てを失くした
残ったのは心(きおく)だけ
せめてもの救い

ごめんね
謝ることを赦された

水面に浮かび
太陽に焼かれ
最後の弱い声

ごめんね
色も音も無い世界で。
色も音も無い世界で
ただ一人漂う

押し寄せるのは
孤独と言う哀しみと
一人と言う安心感

色も音も無く
私を侵すものは何も無い

この世界で私は
何からも解放され
美しくも汚らわしくもなれる

色も音も無い世界で
ただ独り彷徨う
かぉちゃんに捧ぐ。
HAPPY BIRTHDAY TO YOU
何も無い世界に放たれた一つの光であった欲しい
変わらない毎日は退屈で
どうしようもなくなる時もくるだろう
だけど、私には君がいてくれる

HAPPY BIRTHDAY TO YOU
私にとって君がそうであるように
君にとって私も光でありたい
君が生まれてきてくれた
この日がなによりも尊いと思う

HAPPY BIRTHDAY TO YOU
君がいてくれる
それだけでどんなに意味のあることか
生まれてきてくれてありがとう
これからを一緒に歩む人

HAPPY BIRTHDAY TO YOU
出会えたことに感謝して

HAPPY BIRTHDAY TO YOU
これからを創る人

HAPPY BIRTHDAY TO YOU
共に歩む喜びを感じる

HAPPY BIRTHDAY TO YOU
私の大切な人
憂鬱。
ウザイ
面倒臭い
嗚呼、今日も特大の溜息をつく

遠くへ行きたい遠くへ逝きたい
ここは嫌だ
誰かここから連れ出して
他人本位のチキン野郎は充分承知
それでも良い
ここではない何処かへ行けるのなら
知ってる人など誰もいない
新しい場所へ

無気力
人間不信
引篭もり
嗚呼、今日も有り得ない妄想をする

消えてしまいたい消えてしまいたい
僕じゃ嫌だ
誰か僕を消し去って
他人本位のチキン野郎は十分承知
それでも良い
僕ではない誰かになれるのなら
知ってる人など誰もいない
新しい自分に
混沌。
破壊的な言葉ならいくらでも出てくる
傷つける事ならいくらでも出来る

吐き気がする程気持ちが悪い
このまま何処にたどり着くのだろう?

怒られることへの不快感
目的の見出せない努力
ただ、自分の選んだ道だからと
足かせをきつく着け直す

誰かを傷付けることで自分を慰める
誰かを嘲笑うことで自分を守る

本当に望むものが見えなくなって
何処に行きたいのか分からなくなる

気が狂いそうなほど精神的に自分を追い詰め
汚い言葉で罵って
知らないうちに自分の首を絞めていく・・・
僕を狂わす暑い季節。
葉桜が、春の終わりが近いことを告げる
暖かい季節から暑い季節に移り変わり
また僕を狂わすの?

暑さが僕を壊し
眉間にシワがまた増える

現実を直視できないまま
何となくここまできた僕には
壊れている位が調度良いのかもしれない

桜が幻想的に僕を誘い
僕を優しく現実から連れ去ってくれる
暑さは現実に引き戻し
僕を遠い処までトリップさせる

毎年来る暑い季節が
少しずつ僕を壊していく
いつか僕の気がふれるまで続く悪夢
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。