何となく思いついた言葉達を綴る場所。 そんな場所が欲しかった。 たったそれだけ。 それが始まり・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
色も音も無い世界で。
色も音も無い世界で
ただ一人漂う

押し寄せるのは
孤独と言う哀しみと
一人と言う安心感

色も音も無く
私を侵すものは何も無い

この世界で私は
何からも解放され
美しくも汚らわしくもなれる

色も音も無い世界で
ただ独り彷徨う

解説

お部屋の電気を消して、ヘッドホンを耳に装着し・・・
ふと思ったわけです。
あぁ、色も音も無い。

正確には音楽を聞いていたわけですが・・・
でも、そこに生活音というか・・・家の中なのに、家の音が聞こえなくって。自分だけ違う世界に迷い込んだような感覚に陥ったんです。
そこはなんともいえない感じで、誰からの干渉も無いという安心感と、私しか居ないという不安の両方が混在しているんです。きっと。

思い浮かんだのは最初のフレーズだけ。
あとは・・・たった今完成させましたw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。