何となく思いついた言葉達を綴る場所。 そんな場所が欲しかった。 たったそれだけ。 それが始まり・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とげ。
記念すべき第一弾です☆

初っ端から暗めで申し訳ないのですが、結構私はこうゆう状態に陥りやすいので載せてみました(;´д`A゛

実はこれで絵本が作ってみたいのですよ。

友達には「子供が泣くから辞めろ」といわれましたが(;´д`A゛

でも、ほのぼの系の絵で書いて欲しいんですよ(カ●ヘイさんとかに・・・)



では、いきます。



『とげ』



ある日、ボクノ心にいっぽんの「とげ」が刺さりました。

その「とげ」はダンダン大きくなりましタ。

大きく、オオキクなりました

あんまり「とげ」が大きくて、ボクハじょうずに動けまセん。

それでも「とげ」はオオキク大きくなって、ある日爆発しちゃいマシタ

ばくはつした「とげ」は、「くさり」になって、ボクノ身体にぐるぐるグルグル巻き付きましタ。

ボクハ、とうとう動けなくなりました。

その「くさり」には、タクサン「とげ」がついていて、動こうとするととってもイタイのです。

だからボクハ、耳をフサギ目をトジて、動くのをヤメました。

その「くさり」はどんどんボクニ巻き付いて、どんどんボクヲ締め付けます。

イタイいたい「とげ」の「くさり」

だからボクハますます動けなく、動かなくなりましタ。

ただ目をトジて、耳をフサイでいれば、動かなくてイイもの。

動かなければイタクナイもの。

抜けない「くさり」の「とげ」

体操座り…ずっとコノママ…

…楽しくない毎日になったけど、イタイよりずっとイイもの。

 

ホントウニ?
解説

あ・・・。上で既に書いてしまってる(爆)
えっと、これ以上書くことが無いのですが(^-^;

私は詩にカタカナを使うのがクセみたいなところがあるのですが、これは意図的にカタカナを乱用してみました。
ちょっと壊れた感じが出せれば良いなと思っております。

そして、この詩は実は大人への嫌がらせで書きました(悪)
子供が自分のことを書いてるんだけど、大人のほうが笑えない状況なイメージです。←あんあり上手く出ていないけど(ノ_・、)グスン
こんなサラリーマン多そうだなぁって(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
人妻
官能的な愛を求めてくださいませ
2009/02/14(土) 19:17:53 | URL | 人妻 #jWlN5WHE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。